もう行った?茨城の筑波山で気軽に絶景を楽しもう!

   

2018年もいよいよGWになりました。

冬山に登らない僕にとっては「やっと山登りができるシーズンがきた!」って感じです。

 

今回は冬の間に落ちた体力のリハビリを兼ねて筑波山に登ってきました。

「登山初心者」「登山をしたことないけど、なんか身体を動かしたい」「たまには自然を満喫したい」そんな方々には胸を張ってオススメできる山です。

 

 

筑波山とは?

 

筑波山は日本の関東地方東部、茨城県つくば市北端にある標高877mの山。西側の男体山(標高871m)と東側の女体山(標高877m)からなる。雅称は紫峰(しほう)。筑波嶺(つくばね)とも言い、茨城県のシンボルの一つとされている

by Wikipedia先生

 

また、昔から「西の富士、東の筑波」と称されており、低山で冬でも登ることができて都心から比較的近い距離にあるため年間200万人以上訪れているみたいです。

登山客世界一の高尾山が300万人弱であることからも、相当多くの観光客が訪れていると言えます。

ちなみに、日本百名山にも選ばれています。

 

筑波山の良いところ

 

僕が、筑波山をオススメする理由としては3つあります。

それぞれ順に説明していきます。

 

1.多様な登山方法がある

筑波山は「徒歩」以外にも「ロープウェイ」「ケーブルカー」で山頂まで往復することができます。

徒歩のみの場合だと、登りだけで意外に体力を使ってしまったときに心が折れそうになりますが、筑波山ではそんな心配はありません。笑

僕は行きは自分の足で、帰りはケーブルカーを使いました!

 

ケーブルカー・ロープウェイの料金と時刻表については後述します。

 

2.都心から近い

電車とバスの利用なら、東京駅から麓のバス停まで約2時間。

車なら麓の駐車場まで1時間半で行くことができます。

 

早朝に出れば混雑を回避しながらお昼には帰って来れるぐらいの距離感です。

僕は埼玉県住みですが、6時に家を出て13時半には家に戻って来れました。笑

 

3.景色がキレイ

景色はとても綺麗です。

世界一周をして様々な絶景を見て、日本でもいろんな観光地を訪れた僕でも感動する景色が山頂にはあります。

また、道中も一様な景色が続くわけではなく、不思議な形の岩や多様な植物が登山を楽しくさせてくれます。(白雲橋コース以外は知りません^^;)

 

しかし、女体山の山頂では景色を見ながらゆったりできるスペースがそこまで広くありません。

混んでない日を選んで登るか、早めの登頂を目指した方が良いです。

 

コース案内

 

前述のように山頂までの行き方は「ケーブルカー」「ロープウェイ」「徒歩」があります。

 

 

■ケーブルカーの場合

筑波山神社近くの「宮脇駅」から「筑波山頂駅」まで行き、そこから男体山もしくは女体山の山頂を目指します。(共に15分程)

山頂駅にもコマ展望台がありますのでそこからの眺望もまぁまぁいいです。

 

オススメは女体山からの眺望です。

女体山までは比較的緩やかな道なのでスニーカーでも大丈夫ですが、男体山まで行く場合は登山靴を履くべきです。

 

■ロープウェイの場合

こちらは「つつじヶ丘駅」から「女体山駅」に向かいます。

女体山の山頂まではすぐなので結構ラクチンです(゚∀゚)

 

■徒歩の場合

多くの人が「白雲橋コース」と「御幸ヶ原コース+山頂連絡路」を利用して山頂を目指すと思います。

白雲橋コース:登り110分、下り95分

御幸ヶ原コース:登り105分、下り85分

 

白雲橋コースで女体山頂まで行ってきました!

そして、御幸ヶ原コースかケーブルカーで降りる作戦です。

 

実際に登ってみた

 

~4月30日㈪、祝日~

朝の市営第3駐車場を7時台に到着すべく家を出ます。

GWとはいえ早朝はそこまで混雑していないため、スイスイ進めました。

 

7時45分に駐車場に到着。既に駐車場は7割ぐらい車が停まっていました。

この日はたぶん8時15分には満車になっていたと思います。

 

今回のルートは白雲橋コースを通り、女体山山頂へ。その後、男体山山頂に行ってからケーブルカーで降りる予定。(疲れてしまい男体山は行けず。笑)

とりあえず筑波山神社の方に行きます。

 

筑波山神社の入り口。春の気持ちいい日差しが降り注ぐ。

筑波山神社に向かって左手がケーブルカーのある宮脇駅。

右手が白雲橋コースの入り口になります。

入口までは特に目印になるものがなかった気がしますが、登山客が何人か居たので尾行することで入口の鳥居を発見。

 

いざ、白雲橋コースへ

 

登山開始!

登り始めて10分。だんだん違和感が襲ってくる。

「あれ?900mにも満たない簡単な山じゃないの?」

 

・筑波山は誰でも登山できる。

・日本百名山で一番低いから登山はラクチン。

 

等の噂ばかり聞いていたのでめちゃくちゃ楽勝な山を想像していたけど、割としっかりした山でした。笑

 

半年程前に約15㎏バックパックを背負って涸沢カールまでの6時間のデスマーチを経験した僕にとっては筑波山など朝飯前だと思っていました。

それなのに最初の30分で2回も休憩してしまった。

 

皆さんもナメ過ぎには気を付けてください(真顔)

 

ヒィヒィ言いながら最初の目印に到着。

 

 

右が迎場コースで左が白雲橋コース。もちろん左に進みます。

 

 

がっつり登山。きちんと登山靴を履きましょう。

 

 

基本的に登り坂しかありません。

途中、リスが居たので撮影を試みるもあえなく失敗。ぐぬぬ

 

 

この階段の先に開かれていて見晴らしのいい休憩ポイントがあるのだが先客で埋まっていたのでスルー。

皆さん朝がお早いですね。

 

ちなみに、おたつ石コースとの合流点でもあるのでだいぶ進んできたことがわかります。

そして、ここから山頂まで7か所の見どころスポットが現れてきますのでお楽しみに(´▽`*)

 

全部は撮らなかったので一部を載せます。

 

「母の胎内くぐり」ピュアな自分に戻りましょう。

上の写真の左端にちょうど知らない人のお知りが映っていますが、あそこをくぐると生まれた姿に立ち返ることができるそう。

 

頂上付近には平地もあります。

どんどん進みます。ここまで来たら慣れてきて足がかなり軽くなってきました。

 

迫力のある「北斗岩」

北斗岩の次の大仏石を通り過ぎたら頂上はもうすぐそこ!

 

 

・・・

 

 

やっと着いたー!

 

「筑波山」の石碑は行列ができていた

 

到着時刻10時20分。2時間で登ったのでそこまで遅くはなかったはず。

道中もそこまで人が多くはなかったので、山頂がこんなに混雑しているなんて想像してませんでした。笑

 

とりあえず山頂の石碑で写真を撮ってもらいたかったので「写真撮りましょうか?」作戦で写真を撮ってもらうことに成功。

 

肝心の景色はというとトップ画のような感じに。

 

 

岩場の先端まで人で溢れかえっていました。

関東平野が一望できて、とても綺麗だったので長居したくなりますが、あまりの混雑で15分ほどで退散。

もうちょっと見たかった。。笑

 

山頂の神社にはイザナミノミコトが祭られています

 

人混みに流されるように男体山の山頂を目指します!

もはや自分の意志ではありません。笑

 

せきれい茶屋で小休憩

ついコーラを買ってしまう。

頑張った後はなんでも美味い!

 

 

セキレイ石:この石の上にセキレイが留まり、男女の道を教えたといわれています。

男女の道ってなんだろう?俺にも教えてくれませんか?(食い気味)

 

そんなことを願っているうちに広いところに出ました!

 

御幸ヶ原。女体山と男体山の間らへん

 

お店がいっぱいあるので昼食やらデザートやら食べることができますね。

そして、奥に見えるのが男体山!

 

 

展望台もあります。中にはお土産や食事処もあります。

 

 

そして、ケーブルカーの「筑波山頂駅」もあります。

本当は15分ほどで男体山の山頂に行けるのですが、

・意外に体力を消耗してしまったこと

・男体山より高い女体山には登ったこと

・ケーブルカーに行列ができていたこと

上記の理由から下山をすることにしました。(ケーブルカーは最大107名乗れるので行列は一瞬で掃けることが後から判明)

 

こんな判断も身近な山だからできることですね。笑

ケーブルカーを10分ほど待ち、下ること8分。

 

 

筑波山神社に到着しました。

8時20分に登り始めてから11時50分に帰ってきたので所要時間3時間半!

意外に大変だったけど楽しかった!

 

人生もそうだけど大変なときでも自分なりに楽しむ方法を見つけることができれば、大変な時を乗り越えることは結構簡単なんだよなぁ。

山頂付近はとても風が涼しくてめちゃくちゃ気持ち良かったです。

 

僕的 注意事項!

 

・混雑情報を確認すること

→土日祝日は混みますのでつくば観光こんベンション協会から渋滞情報や駐車場情報を確認しましょう。

 

・混雑時には車で行くなら7-8時には駐車場に着いていること

→8時以降になるとだんだん駐車場がなくなってきます。そして、9時頃には道路も渋滞してきます。

山頂の混雑具合から考えても早めの行動がオススメです。

 

・低山でもナメてかからないこと

→登山靴と水500mlは最低でも用意していきましょう!すべりやすい岩もありますのでスニーカーはやめた方がいいです。

 

補足情報

 

ロープウェイの運行時間と料金について

運行時間は季節と土日によって変わります。

基本的に9時20分~17時20分です

運行間隔が20分に1本なのは変わりません。

詳細はこちらをどうぞ。

 

料金は以下になります。詳しくはこちらに。

大人:往復1100円、片道620円 (中学生以上)

子供:往復550円、片道310円 (6歳~小学生以下)

 

ケーブルカーの運行時間と料金について

こちらも運行時間は季節と土日によって変わります。

基本的に9時20分~17時20分です。

運行間隔が20分に1本なのは変わりません。

詳細はこちらをどうぞ。

 

料金は以下になります。詳しくはこちらに。

大人:往復1050円、片道580円 (中学生以上)

子供:往復530円、片道290円 (6歳~小学生以下)

 

アクセスについて

■車の場合

ケーブルカー、白雲橋コース、御幸ヶ原コースを選ぶ場合は市営の第1-4駐車場があります。

普通自動車なら1日500円です。合計447台駐車可能。

 

ロープウェイ、おたつ石コースの場合はつつじヶ丘駐車場をご利用ください。

こちらも普通自動車は1日500円です。388台駐車可能。

 

■公共交通機関の場合

つくば駅まで電車を利用し、そこから筑波山神社入口orつつじヶ丘までシャトルバスが有力です。こちらのサイトがわかりやすいです!

シャトルバスの時刻表もどうぞ!(ココ)

気を付けるべきはロープウェイとケーブルカーの最終ではシャトルバスの最終は間に合わないということですね。よほどのことがない限り大丈夫だとは思いますが。

 

おわりに

 

登山シーズンのウォーミングアップに筑波山に行ってきました!

道中も変化に富み、山頂の眺望がとても良かったので人気のスポットな理由がわかります。

また、僕のように体力づくりとして登ることもできます。

 

これから本格的に登山が楽しい季節になってきますので是非入門編として登ってみてはいかがでしょうか。

天気が良い日に登ってみたらきっとお気に入りになると思いますよ(=゚ω゚)ノ

 

 - 茨城 , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。