【群馬】無料でこんにゃく食べ放題!工場見学もできる『こんにゃくパーク』

      2017/11/24

2017年8月6日(日)

みなさんお元気ですか、はやとです。

 

今回は群馬県の『こんにゃくパーク』をご紹介します!

メディアで取り上げられたこともあるので、知ってる人もいるのではないでしょうか。

ここでは、こんにゃく工場の見学だけでなく、こんにゃく料理体験、そしてそして…

 

無料でこんにゃく料理が食べ放題!!!!

 

もう一回言います。無料で食べ放題ですよ!!?

こんにゃくと侮るなかれ、こんにゃくを使ったあんな料理やこんな料理が…

それでは、みなさんにご紹介しましょう!

 

いざ、工場見学へ

それでは工場見学へ参りましょう!

 

 

入口の前にはパネルがいっぱいあります。

大使の秀ちゃんのパネルもありますので、ぜひ記念撮影を。

 

 

入口を入るとすぐ右側に総合受付があります。

こちらで名前とどこから来たかのアンケート(?)的なものを記入したら見学に行きましょう。

入場料はかかりません!←ここ重要!!

 

 

階段を上がると工場見学の入口が現れます。

今回は、ちょっと面白いところだけをご紹介します!

だって、実際に見た方が面白いに決まってるじゃないですか!笑

 

それでは、いざ!

 

 

 

こんにゃくを大きな鍋(?)でグツグツした後は、この機械でゆっくり冷却していきます。

しょうがないんだろうけど、こういうとここそ中身が見たい!

金属じゃなくて、中身が見えるような機械にしてー!って言いたくなります。笑

 

 

ここでは、右から包装されたこんにゃく製品が流れてきて、タレとかソースと一緒に梱包されていきます。

ラベルとかもここで一緒に包装されます。

この日は動いていませんでしたが、動いているときはあっという間に包装されていく流れを見ているとワクワクします。

子供とかはずっと見ていましたね。

 

 

ここは、袋詰めされたこんにゃくを箱詰めする機械です。

全自動で箱を組み立てて、こんにゃくを取り上げ、梱包までこの機械がやってくれます!

いつまでも見てられるような、不思議でワクワクする機械でした。

 

 

これはしらたきを作る機械。

人が立っているところの装置から、チューっと細く出されたこんにゃくが流れる水の中に放流されていきます。

あっという間にしらたきが量産されていく様は圧巻です。

こんにゃくに比べると食べる頻度は少ないですが、ないと寂しい食材でもありますよね。

 

豆知識情報も充実!

みなさん、こんにゃくについてどれくらい知っていますか?僕は全く知りません(笑)

それでも安心してください!工場見学の経路には所々にこんにゃくに関する情報が盛りだくさん!

 

 

群馬県ってこんにゃく芋の収穫量が日本一って知っていましたか?

大人も知らない社会科のお勉強ですね。

小学校の頃によく行きましたよね、社会科見学。中学に入ると全くなくなってしまうあれですね。

バスに乗ってみんなでどっかに行くって、今となるといい思い出ですね。

 

 

 

こんにゃく作りの方法とかもわかりやすく図解されています。

こんにゃく作りに2種類方法があるなんて知りませんでしたよ…

 

 

インスタ始めたそうです。マナンちゃん可愛い(笑)

 

 

カロリーが低いこんにゃくは、ダイエットにはもってこい!

でも、キャベツダイエットもバナナダイエットも同じものを毎日、毎日食べていると飽きちゃいますよね。

それで、たまには美味しいものが食べたーい!って言って、食べ過ぎちゃってリバウンド(汗)

 

しかし、これだけ種類があれば、毎日こんにゃくでも飽きずにダイエットができそう!

 

みんなで楽しく手作り体験しよう!体験キッチン

こんにゃくパークでは、こんにゃくを使った『体験キッチン』が用意されています。

どんな体験ができるかは以下をご覧ください。

 

 

体験コースは3つ。予約が必要なので注意してください。

 

 

この日もキッズたちで賑わっていました!

こういった体験って、子供にとっては貴重だし、何より楽しい!

みんな楽しそうで、いい笑顔でした。

 

 

何を作ったんでしょうね?

みんな思い思いのものを作り、自分だけのものが出来上がるんですね、早く仕上がるといいね!

 

お腹いっぱい食べ尽くそう!こんにゃくバイキング!!

みなさんお待たせしました。

歩き回った後は、こんにゃくバイキングでお腹を満たしましょう!

え?こんにゃく食べ放題ってそんなに嬉しくない??

 

そんなこと言ってるあなた…

絶対に後悔させません!!!

その理由は…まあ、見てればわかりますよ(笑)

 

 

 

さあさあ、看板に従ってバイキングに行きますよ。

看板だって、『おいしい』って書いてあるし、美味しいでしょ。

ちゃんとお願いも読んでくださいね。

 

 

バイキングの手順があるので、待っている間によく読んでください。

要するに、トレーに好きなものを好きなだけとって(食べきれるだけ)エンジョイしちゃいな!!ってことですね。よくわかります。

 

 

こんにゃく料理で定番の「田楽味噌」と「玉こんにゃく」は欠かせません!

ま、これくらいじゃ驚きませんよね。

 

 

これならどうですか?

こんにゃくラーメン!!

これが本当にラーメンみたいで、驚きです。

ほら、食べてみたくなってきたでしょ?笑

 

 

他にも、「レバ刺し」、「うどん」、「葛きり」などなど!

こんにゃくってこんなに楽しめるんだ!と選んでるだけでも楽しいです!

 

 

いざ、実食!

 

こんにゃくってこんなに美味しいんだって思うの初めてでした(笑)

 

こんにゃくって意外とお腹いっぱいになるので、取りすぎちゃって残すことのないようにしましょう。

でも、バイキングってついつい取りすぎちゃうんだよな…(汗)

 

最近は、スーパーでこんにゃくパークの商品が並んでいるのをよく見かけます。

この記事を読んで興味を持った方は、一度ご賞味ください!

 

館内を探索した後は…

意外と広い館内を歩き回り、こんにゃくバイキングでお腹いっぱいになった後にはすぐに帰らず、外にある足湯でゆっくりして行きましょう。

 

 

足湯は4種類、5カ所あり、子ども連れの家族でにぎわっていました。

足湯で疲れた足を癒してからお帰りください。

 

詳細情報

アクセス

【住所】〒370-2202 群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1

【MAP】

 

【自動車】

◉上信越自動車道「富岡IC」より約10分

◉JR新幹線「高崎駅」より約30分

◉上信電鉄「上州福島駅」より約10分

◉上信電鉄「上州富岡駅」より約15分

 

開館日・料金等

【開館時間】9:00-18:00 (最終受付は17:00まで)

【休館日】年末年始

【料金】

◉駐車場…無料

◉工場見学… 無料*1

◉バイキング … 無料

◉体験キッチン*2 … 大人(中学生以上):500円〜1000円

… 子供(小学生以上):250円〜500円

 

*1. 30名以上の場合は前日までに要予約

*2. 完全予約制(前日までに要予約)

 

お問い合わせ

【電話】0274-60-4100 

【FAX】0274-70-4001

【メール】info@konnyaku-museum.com

【公式HP】http://konnyaku-museum.com

 

いかがでしたでしょうか。

大人も子どもも楽しむことができる『こんにゃくパーク』をご紹介しました。

この近くには、以前ご紹介した『群馬県立自然史博物館:http://burari-tabi.com/gunma-hakubutukan/』や『富岡製糸場』が近くにあるので、元気のある方はそちらもぜひ行ってみてください。

 

それでは。

By はやと

 - 国内旅行, 群馬 , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。