週末に非日常な体験はいかが?

【長野】野生の猿まで近さ30センチ!?地獄谷野猿公苑でマイペースな猿を観察してみた!

2018/07/05
 

Notice: Use of undefined constant full - assumed 'full' in /home/buraritabi/burari-tabi.com/public_html/wp-content/themes/giraffe/single.php on line 49
この記事を書いている人 - WRITER -

Notice: get_the_author_ID の使用はバージョン 2.8.0 から非推奨になっています ! 代わりに get_the_author_meta('ID') を使ってください。 in /home/buraritabi/burari-tabi.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3853

Notice: get_the_author_ID の使用はバージョン 2.8.0 から非推奨になっています ! 代わりに get_the_author_meta('ID') を使ってください。 in /home/buraritabi/burari-tabi.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3853

Notice: the_author_posts_link がバージョン 2.1.0 から非推奨になった引数付きで呼び出されました。代替は用意されていません。 in /home/buraritabi/burari-tabi.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 4048

Notice: the_author_description の使用はバージョン 2.8.0 から非推奨になっています ! 代わりに the_author_meta('description') を使ってください。 in /home/buraritabi/burari-tabi.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3853

みなさんお元気ですか、はやとです。

皆さんは温泉に入ったお猿さんを一目見てみたいと思いませんか?TVや雑誌で見た事ある方も多いと思いますが、本当に気持ち良さそうに浸かる姿はとても癒されますよね。私もずっと見てみたいと思っていたので、長野県にある「地獄谷野猿公苑」に行ってきました。

ここのニホンザルは世界で唯一温泉に浸かるサルとして世界的に有名で、世界各国の著名人も訪れるほどです。さらに、想像していた以上に野生のサルに接近する事ができ、目の前でサルの生態について観察する事ができたのでみなさんにもご紹介します。

「地獄谷野猿公苑」について

地獄谷野猿公苑とは

地獄谷野猿公苑は、餌づけという方法によって人が近寄っても逃げることがなく、サルたちをじっくりと観察できるようにした施設です。

餌づけとは、サルたちが自然で食べているものよりも少し良い食べ物を与えることにより、サルがここに来れば美味しいものが食べられると学習することで集まるようにすることで、餌づけをすることにより、ヒトがいても安全ということも学習し、近付いても簡単には逃げることなくじっくりと観察することができます。

1964年に開苑してから、多くの写真家が訪れ、ニホンザルの生態を間近で観察できる場所として有名になりました。

なぜ温泉に浸かるのか

ここ地獄谷野猿公苑は冬になると大雪に見舞われ、最低気温が氷点下となることも多々あります。これは動物達にとって、とても過酷な環境と言えます。ある寒い冬に、温泉に入ることで寒さをしのぐことを覚えたサルがいて、その数が徐々に増えていったことで、今のような寒い時期になると温泉に浸かるサルが見れるスポットとなったそうです。

そのため、暖かい時期には温泉に浸かるサルを見ることがほとんどできません。温泉に浸かったサルを見たければ、冬の寒い季節に行くことをオススメします。

いざ、行ってみた!

入り口までの道

野猿公苑の入り口に行くまではちょっとした山道を通っていきます。途中には川が流れていて、大自然に癒されます。駐車場までの道のりもかなりの細道で、対向車とすれ違うのも大変なところもあるので、大きな車で行くのはあまりオススメしません。

それにしても、この先に本当に野猿公苑があるのか心配なくらい周囲には何もありません。見渡す限り山だらけ。

駐車場から15分程度歩いたでしょうか、やっと野猿公苑の入り口が見えてきました。ここから山の中に入って行くのでしょうか。まだまだサルがいるような雰囲気はありません。

先ほどの看板から階段を少し登ると券売所があります。窓口で入苑券を購入し、早速苑内に進みましょう。

入苑券はこんな感じ。英語でいうと”Snow Monkey”なんですね。なんか変な感じですね。それと、〜野生のドラマに出会う場所〜っていうのがカッコよくて、ちょっと悔しい(笑)

入苑すると…

入苑するとすぐ目の前にサルが!!さっきまでと雰囲気が全く異なり、周囲にはサルだらけです!TVでよく見るように急に襲われないか不安がありますが、かなり近付いても襲ってくる様子も逃げる様子もありません。かなりヒト慣れしているようです。

さらに進むと、公苑内には多数のサルがくつろいでいました!想像以上の数のサルがいてびっくりしました。赤ちゃんサルやボスっぽいサルまで様々なサルを観察することができます。

こんな小さなサルまで!!めちゃくちゃ可愛いです!!ずっとお母さんに健気に付いて行く姿が愛らしいです。

更に進むとついに温泉が!

ついに目的の温泉が見えてきました。温泉の周りをウロウロとしていますが・・・なかなか入ってくれません(泣)

コートが必要なくらい寒い時期だったのですが、もっともっと寒くないと温泉に浸からないのかもしれません。ちょっとガッカリ。

温泉を飲んでいるサルが結構いたのですが、美味しいのでしょうか。

浸かるかな!?浸からないか・・・お、浸かるか!?やっぱ浸からないか・・・

の繰り返しで、温泉に浸かったサルを見ようと周囲のヒトの期待が凄かったです。

落ちないように必死にしがみ付く赤ちゃんサルがみんなの目を引いていました!

お母さんサルも赤ちゃんサルの様子を見ながら面倒を見ている姿に癒されました!!

まとめ

今回は温泉に浸かったサルの様子を見ることができませんでしたが、凶暴なイメージだったサル達の生態を間近で見る事ができ、180度イメージが変わりました。ですが、やはり野生の動物なので専門家ではない一般の方が餌付けを行おうとすると、TVで見るようにサルに襲われてしまう可能性があるので、食べ物はあげないでください!

また、ホームページからライブカメラの映像を見る事ができるので、温泉に浸かっている時期になったら現地でぜひ見てもらいたいと思います。ただ、地獄谷野猿公苑までの道のりも細い道だらけなので、車で来る方は十分に気を付けてください。

温泉に浸かったサルを見て自分も入りたくなった方は、周辺にたくさん温泉もあるのでゆっくり休んでから帰るのも良いですね!

それでは。By はやと

詳細情報

アクセス

【住所】〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町平穏6845

【MAP】

【自動車】

  • 上信越自動車道「信州中野IC」より駐車場まで約8 km(駐車場より徒歩30分

※駐車場までの道は山道のため、道幅がとても狭いです

営業日・料金等

【開苑時間】

  • 夏季(4月頃〜10月頃):8:00〜17:00
  • 冬季(11月頃〜3月頃):9:00〜16:00

【料金】

<大人(18歳以上)>

  • 一般:800円
  • 団体(20名以上):680円
  • 年間パス:5,000円

<子供(小学生〜高校生)>※6歳未満は無料

  • 一般:400円
  • 団体(20名以上):340円
  • 年間パス:2,500円

お問い合わせ(地獄谷野猿公苑)

【電話】0269-33-4379

【FAX】0269-33-8521

【ホームページ】地獄谷野猿公苑

この記事を書いている人 - WRITER -

Notice: get_the_author_ID の使用はバージョン 2.8.0 から非推奨になっています ! 代わりに get_the_author_meta('ID') を使ってください。 in /home/buraritabi/burari-tabi.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3853

Notice: get_the_author_ID の使用はバージョン 2.8.0 から非推奨になっています ! 代わりに get_the_author_meta('ID') を使ってください。 in /home/buraritabi/burari-tabi.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3853

Notice: the_author_posts_link がバージョン 2.1.0 から非推奨になった引数付きで呼び出されました。代替は用意されていません。 in /home/buraritabi/burari-tabi.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 4048

Notice: the_author_description の使用はバージョン 2.8.0 から非推奨になっています ! 代わりに the_author_meta('description') を使ってください。 in /home/buraritabi/burari-tabi.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3853

コメントを残す

Copyright© 自由気ままなぶらり旅。 , 2018 All Rights Reserved.